本文へスキップ

スポーツクラブ

スポーツクラブで「怪我をしない」
「疲れを残さない」方法・コツ

スポーツクラブで体を動かすということは、鍛えられ身体が丈夫になってくだけではありません。怪我をしたり、疲れを残すこともあります。そこでここでは、怪我をしない、そして疲れをためないために大切なことを紹介します。



スポーツクラブで「怪我をしない」「疲れを残さない」方法・コツ


ギャラリー

スポーツクラブ マシン

スポーツクラブ

スポーツクラブに通いさえすればスリムになる。健康にもなる。それは嘘です。

スポーツクラブに通うことで頑強な身体になる人がいる一方で運動により体を痛めてしまう人がいます。スポーツクラブで運動することでますます元気になる人がいる一方で翌日疲れを溜め込んでしまう人がいます。

同じ運動をして、なぜこうも違いが出るのでしょうか。

それは運動前、運動中、運動後の注意点や大切なルールを知っているか知らないかの違いなのです。

では、スポーツクラブでトレーニングを始める前に注意しなくてはいけない点を、ご紹介していきましょう。

専門家のアドバイスなしに無理をしてはいけない

スポーツクラブに通う方の中には、「3か月後には、5s落とそう」などの目標がある方もいると思います。そんな方の中には、無理をしてしまう方もいます。

少しでも、効果を出したいという気持ちは分かりますが、何よりも健康が大切。

そのため、スポーツクラブでトレーニングを行う前には、しっかりと健康チェックをする必要があります。

スポーツクラブには、血圧計などが設置されていますので、トレーニング前には確認するようにしましょう。

「今日は、ちょっと体調が悪いなぁ」という方、「関節が痛い」という時は、無理をしてはいけません。

「せっかく、来たから…」という理由から無理にトレーニングを行ってしまう方もいますが、事故の原因ともなりかねませんので、自分の体の状態をきちんと把握した上で、トレーニングを行うようにしましょう。

疾患がある方の場合には、スポーツクラブに通う前に、担当医に相談することも必要でしょう。トレーニングをすることで、症状を引き起こしてしまう可能性もありますので、十分注意しましょう。

スポーツクラブは、あくまでも健康のために通う場所となりますので、健康を損ねてしまっては意味がありません。無理をしないことも、大切なポイントといえるでしょう。



スポーツクラブに通えない人はコチラ!


↓男性はコチラをクリック↓  自宅 筋トレ方法 1位


↓女性はコチラをクリック↓
女性の筋トレ方法



 

ウォーミングアップ

ウォーミングアップ

運動前にとても大切なこと。あなたは何だかわかりますか。

そうです。ウォーミングアップです。これは誰でも知っていることですが、なぜウォーミングアップが必要かご存知でしょうか。

突然、激しいトレーニングを行ってしまうことにより起こしてしまうこと。それは肉離れを起こしてしまったり、関節を痛めてしまうことです。

体を鍛えるために運動をしているのに、体を痛めてしまっていては本末転倒です。笑うに笑えませんよね。

スポーツクラブでは、ストレッチを行うスペースが用意されています。トレーニングを行う前には、まずはストレッチなどを行い、体を温めてから行いましょう。その方が、運動効率も上がります。

水分補給は大切です

そして、もう一つ運動中に大切なことがあります。それは水分補給です。特に、夏場の暑い時期などのトレーニング中は注意が必要です。

また、続けてトレーニングをするのではなく、休憩時間を作ることも大切となります。

「今日は、疲れているなぁ」と感じている時には、あまり無理なトレーニングは避けるようにしましょう。

正しいマシンの使い方を知ること

また、トレーニングジムにある様々なマシンなどの使い方にも注意が必要です。正しい使い方をしなければ、逆に負担をかけてしまう可能性もあるおです。

使い方が分からない場合には、インストラクターに確認してから使用しましょう。遠慮せずにインストラクターに聞くことが大切です。また、周りでマシンを使っている方にも注意が必要です。

スポーツクラブ注意点

運動後の注意点

スポーツクラブでトレーニングを行う際の注意点というと、運動前や運動中のことだけだと思いがちです。

しかし、実は、運動後にも注意点があるんです。

では、運動後の注意点についてご紹介しましょう。トレーニングが終わったら、みなさんどうしますか?

「すぐに、ジムのシャワー室へ直行」なんて方も、多いかもしれませんね。

なぜクールダウンが必要か

実は、トレーニングを終わった後には、クールダウンの時間を取ることが大切となります。

このクールダウンは、体を通常の状態に戻していく運動となります。

このクールダウンを行うことで、トレーニングによりできる筋肉中の乳酸などを取り除いてくれる効果があります。

乳酸は、疲労物質のひとつとなりますので、これを取り除くことで、疲労の負担を少なくし、疲労回復効果が期待できるのです。

クールダウンの方法は、体を休め、呼吸をとめずにゆっくりと運動をすることが大切となります。10分から15分程度は、心も落ち着かせ、リラックスした状態でゆったりとした気分で行いましょう。

翌日、トレーニングの疲れが残っているという方は、クールダウンがしっかりと行われていない可能性があります。

次の日に、トレーニングの疲れを残さないためにも、トレーニングを無理なく続けるためにも、トレーニング終了後にはクールダウンをしっかりと行うようにしましょう。



スポーツジクラブに通う理由が見いだせない >>



運動で怪我や事故をおこさないためには、良いトレーナの元でトレーニングするのが一番です。良いトレーナーの元でトレーニングをすると、怪我どころか、2ヶ月で体重が激減し、体年齢も驚くほど若返ります。しかし、どこに良いトレーナーがいのかわからない。それはこちらコチラをクリックしてください!→東京ダイエット.com


ダイエットの語源